ODDS&SODS

oddssods.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4号サイズのいちごのケーキは一人前です。

久し振りにいちごのショートケーキ(ノ ゚∀゚)ノ
f0238088_15483887.jpg
ざっと一年振りにジェノワーズを焼く・・・。
今回は高さ6cm越えとまではいかなかったけれど、無事3枚スライス出来る位には焼けた。
って、6cm越えてもキメが粗かったら意味がないのだけどね(´・ω・`)
f0238088_15452761.jpg
そして同じく一年振りにナッペをする・・・。
全体像はこんな感じ。一年前のナッペでコツを少し掴んだので緩めを心がけた。ちょっとは上達出来たかな。
f0238088_16522555.jpg
本当はタカナシを使いたかったのだけど、今回はマニアックな大山牧場48%と中沢36%を1:1で使用。
近場で簡単に手に入るオーム42%は一部の人には不評だったのでタカナシが手に入らない時はこの組み合わせでいこう(っ´∀`c)
タカナシは美味しいけどちょっと黄色いしね。

しかし、私がサントノーレ絞りするとどうも肉厚感がないのよね・・・。安い口金だからなのかテクがないのか・・・。
知人がちょうど誕生日だったのでハピバーピックを刺して写メを送った。あまりにも小さいピックなのでピントが全く合わず(笑)
f0238088_15443937.jpg
カットするとこんな感じ。
f0238088_1545366.jpg
ふわふわ、しっとり、口溶け良し!
久々作った割にはなかなか上出来でした(っ´∀`c)狭い台所でもやれば出来るんだな(笑)
[PR]
by noritama88 | 2013-04-20 09:44 | sweets | Comments(2)

自家製酵母山3連チャン

先日Gレーズン酵母を起こし、粉も補充完了。元種も製作完了。
ようやくパンらしいパンを焼きました(´∀`人)
※3つ共同じ配合、粉は香麦使用です。

が、最初に焼いたものは久し振りの慣れない自家製酵母のせいかいつも通りの配合なのに生地がゆるゆる~~。
3つ山にしたかったのだけど出来ない位ゆるゆるだったのでワンローフ。
ホイロでダレるかと思いきや、何とかホイロも上がり一応は形になってホッ(´ε`;)
f0238088_14575519.jpg
焼き上がりはしっとりしていたとは言え、翌日には自家製酵母とは思えない程クラムがパサパサしていた(笑)
パンとしてギリギリ失敗しなかった感じかな。パンの姿になってくれるだけで嬉しい自家製酵母初心者なので気にしない~(笑)

お次は大吟醸の酒粕を手に入れたのでGレーズン酵母のエキスを利用して酒粕酵母を起こす。
エキスのこの泡感は何回見ても飽きない程萌える。これぞ酒粕酵母を起こす醍醐味(´∀`)
f0238088_15421237.jpg
今度は無事3つ山成型。
夜中焼きあがって翌日写真撮ったのでちょっとふにゃってます。
f0238088_14592252.jpg
私の酵母山の釜伸びはまあ、いつもこんなものこんなもの(゚∀゚)
f0238088_1459353.jpg
スライスして簡単にサンドイッチ(つ´∀`)つ
酒粕の山食はGレーズンより美味しくて好き!
f0238088_14594834.jpg
3つ目の山食は新しく起こし直したGレーズン酵母で。

またこの子が冷蔵庫の中でも元種がムクムク異常な程膨らむ活きの良い子でして。
お母さんは内心ちょっと期待・・・そして焼けた一品がこちら!
f0238088_1501165.jpg
今までで一番伸びた~!!
こんな山食、色んなパンヲタさんのブログ上でしか見たことが無いよ〜 (つд;)
皆さんこんな元気な酵母を常に起こしてらっしゃるんだな、と改めて目から鱗(笑)

そして初めて手割り(゚∀゚)
f0238088_1521448.jpg
私至上最強の酵母。
釜伸び感も翌日のしっとり感も理想なのだけど、味はやっぱり酒粕の方が美味しい。
この元気よさを酒粕にも上手く引継ぎ出来るかな・・・。
[PR]
by noritama88 | 2013-04-19 15:36 | bread | Comments(2)
line

ブログ名(「ガラクタ・寄せ集め」などの意)の様に色々なパンやお菓子に挑戦していきたいと思ってます。1個1000円の悪徳パン屋&ケーキ屋を開いてボロ儲けするのが夢です(´∀`人)


by noritama88
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30